タグ別アーカイブ: FX

FXにおけるASK,BITについて

FXではプライスをたとえば USD/JPY Bit 109.99 ASK 110.01 というように2つのプライスで表示します。

これを2Wayプライスと言います。

ASKのほうは、顧客がUSD/JPY を「買う」場合の価格を指していますし

BitのほうはUSD/JPYを「売る」場合の価格を指しています。この価格は双方ともリアルタイムで変化していきます。

顧客のほうは、買ったポジションは売ってクローズする必要がありますし、売ったポジションは買ってクローズする必要があります。この時、買値と売値の差つまりスプレッドが小さいほうが顧客にとって有利ということになります。

スプレッドは2WayプライスのASKとBITの価格差のことだと覚えておいてください。

スプレッドについて

FXにおいて、スプレッドという概念はことのほか重要です

なぜなら、FX取引の手数料そのものと言えるからです。

FX事業者は過去何年にもわたって、スプレッドを引き下げるための競争を繰り返してきました。

それは、多くのCPを接続することであったり、業者自身が「のむ」ことであったり、スリッページを設定することであったりしました。

しかしながら、それらのうち、スリッページはさまざまな経緯で制限がかけられつつあります。これは顧客にとってはとても有利な条件になりつつあるということです。

 

はじめに

FXについて書いていこうと思います。

開始するにあたりましてまずは簡単にFXを定義しておきます。

 

外国為替証拠金取引。

外国為替 = つまり、2国通貨間の両替を

証拠金取引 = 証拠金を利用してレバレッジをかけて取引する。

という金融デリバティブ取引。

となります。

 

まだ分かりにくいですね。

レバレッジ というのは「テコ」のことです。

少しのちからで重いものを・・・のあれです。

通常両替取引で100万円分のUSドルを両替する場合、100万円分のUSドルと交換します。

1USドル=100円とするとちょうど1万USドルと両替することになります。

ところが証拠金取引においては、100万円を担保(証拠金)として、1000万円(たとえば)分のUSドルと両替できるのです。

このケースでは”レバレッジは10倍”と言うことになります。

 

たぶん続きます。